メニュー 閉じる

工作教室

地域のお祭りで
子供たちと交流します

工作教室はいつも人気

じゃおクラブ多摩・田園の「工作教室」は 、私たちが小さい頃に慣れ親しんだ工作を、子供たちと共に楽しもうとの思いから始まりました。

子どもと一緒に万華鏡を作る

「町田青少年施設 ひなた村」の“春祭り”と“秋祭り”、「玉川学園子どもクラブ ころころ児童館」の“小春祭り”、「南大谷こどもクラブ」の“夏祭り”、「成瀬コミュニケーションセンター祭り」など 地域の行事やお祭りに参加することで、世代を超えた交流が生まれています。

万華鏡を作る

竹笛から始まった工作は、万華鏡、CD独楽、紙飛行機、バルーンアートへと広がり、吹き矢や竹馬と盛り沢山になりました 。

CDコマも人気の一つ
良く飛ぶ紙飛行機

竹笛

うぐいす、ひばり、はと、かっこうなどの野鳥からぶたまで、様々な音の出る竹笛が11種類あり、中でもぶたやひばりの笛が人気です。

CD独楽

CDやDVDにビー玉を接着して作ったものですが、盤面に様々な模様が美しく印刷されているほか、子供たちが白い盤面に自分で好きな画を描くこともできます。

万華鏡

プラスチック製の鏡を紙管に差し込んで作ります。一つはカレイドスコープと呼ばれるもので、中にカラフルなビーズやフイルムを入れ、その反射を見て楽しむものです。もう一つは中には何も入れず、のぞき口に透明なビー玉をはめ込み、レンズ効果で周囲の景色を見て楽しむもので、これはテレイドスコープと呼ばれます。

紙飛行機

はがき大のケント紙に飛行機の型を印刷しておき、はさみで切り抜いてから、折って飛行機の形にします。輪ゴムで空中へ飛ばして滑空させますが、水平尾翼や垂直尾翼を微妙に調整すれば、40秒以上もの長い間、滑空を楽しむことができます。

バルーンアート

ペンシルバルーンと呼ばれる細長い風船をふくらませ、それをねじったり結んだりしていろんな形を作ります。

幅広い年代の子供たちに遊んでもらえるよう、工作のほかに、吹き矢を使った射的ゲームを用意していて、景品として工作で作ったものがあたる工夫をしています。会場が屋外の時は会員が作った竹馬を用意し、遊んでもらえるようにしています。