“明るく楽しく元気よく”活動しています

会員相互の親睦、心身にわたる健康維持と増進を目指しています。

幅広い活動が魅力です

「趣味・健康増進」「ボランティア」「地域参加・社会活動」「施設見学・体験ツアー」など幅広い活動を行っています。

本部や他の地域の活動にも参加

じゃお県央の会員は、他の地域じゃお(湘南、ベイサイド、多摩・田園)や本部が主催する行事に自由に参加できます。

仲間を募って新しい活動も

自分の興味ある活動を楽しみ、なければ「この指とまれ」方式で仲間を募り楽しみます。

じゃお県央では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策のため、国、および地方自治体の方針に基づき、活動の一部を自粛・制限しています。このため、本ホームページに記載された活動内容は、実際の活動とは異なる場合もあります。ご理解のほど、お願い申し上げます。

趣味・健康増進

果樹園の手入れ、野菜作り、ウォーキング・ピンポン・ボウリングなど健康維持、蕎麦打ち会など趣味の探求。

明るく楽しく元気よく、みかんの収穫
豊作の早生みかん

ボランティア活動

海老名市内の老人ホームで出前蕎麦打ち・カラオケ・菜園の管理などのボランティア活動。

出前カラオケ
出前カラオケ

地域参加・社会活動

海老名市内の小学校でサマースクール、親子ふれあい教室。綾瀬市内の児童館で工作指導などの社会参加。

万華鏡を作る
サマースクール

施設見学・体験ツアー

蕎麦打ち体験ツアー、公共施設を中心にした見学会などで見聞を広めます。

蕎麦打ち
「高尾の里」そば道場

じゃお県央の紹介

県央地区は1997年2月湘南に次いで2番目の地域じゃおとして誕生しました。

  • 設立:1997年2月
  • 会員:30名(2021年9月現在)
  • 地域:相模原、座間、大和、綾瀬、海老名、厚木、伊勢原、秦野