今月の作品

じゃおグラファーズのメンバーが撮影した作品を月替わりで掲載しています。

2022年5月3日、グラファーズのメンバーは町田市の四季彩の杜にある「えびね苑」と「ぼたん園」を訪れました。どちらもゴールデンウィークに有料で開園します。

えびねは日本固有の蘭で、いくつもの種類があり「えびね苑」では杉木立の間に植栽されています。木々の間から陽光が降り注ぎ、森林浴しながらの撮影となりました。

ぼたん園では、ぼたん、しゃくやく、つつじ、しゃくなげ、ふじなど様々な花が咲いていました。こちらは町田市でも有名な施設とあって、多くの人々で賑わっていました。


※ 掲載した写真の著作権はじゃおグラファーズに帰属します。無断使用・無断転載を禁じます。

竹内 純一

えびね苑にて、杉木立から降りそそぐ光を捉えました。

降りそそぐ光
降りそそぐ光

千葉 敏行

えびね苑にて。降りそそぐ光がスポットライトのようにあたってシダを照らし出していました。

春の光
春の光

露木 茂良

えびね苑にて。陽光に照らされた2種類のえびね。奥はキエビネ。手前はタカネエビネです。

異母姉妹
異母姉妹

藤井 直敏

一本のエビネだけに太陽があたって、神秘的な雰囲気を創り出していました。

森の妖精
森の妖精

村田 和彦

ぼたん園の園内にて。枝を広げた欅の陰に憩う人々がいました。

小憩
小憩

山脇 哲郎

ぼたん園には、多くの花々が咲いています。ケマンソウ(華鬘草)は、別名でタイツリソウとも呼ばれます。

なかよし
なかよし